AA-12の内部調整、カスタマイズ【第2章 ピストン・シリンダー】 | エボログ

AA-12の内部調整、カスタマイズ【第2章 ピストン・シリンダー】

AA-12の内部調整・カスタマイズ記事、第2章。
第1章ではギアボックスの紹介をしましたが、今回は吸気系(ピストン、シリンダー)の紹介をします。

これが、AA-12のシリンダーとピストンになります。
AA-12のシリンダーやピストンは3発動時発射を実現する特殊な機構の為に従来型の物と全く互換がありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで1つのユニットになっており、手動でカットオフレバーを押し上げる事によってピストンをシリンダーから抜くことが出来るようになります。
無理やり引っ張っても抜けるには抜けますが・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、分解レビューの時に「この滑り止めなんだろうな?」と思っていたこの部分がピストンを取り外す時、カットフレバーを押し上げる為に使う物でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AA-12のピストンはこんな感じで、ラックギアから3本の棒が伸びて、その先端にピストンヘッドが付いています。
というか、3本の棒がピストンヘッドです。

3本の棒はラックギアにガッチリ固定されている訳ではなく、若干の遊びが用意されています。
中央にネジがあるので、ドライバーを突っ込んでピストンをバラしていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AA-12のピストンをバラしていく

分解されたピストンはこんな感じ。
3本の棒(ピストンヘッド)は基部パーツに取り付けられており、その基部パーツがラックギアとくっついている設計です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピストンヘッドには小さいOリングが付いており、これでシリンダーとの気密を保ちます。
大きさは違うものの、従来の電動ガンと同じですね。

ピストンヘッドの基部パーツとピストンは先述の通りネジで固定されているのですが、そのネジ受けにあたるパーツがこの黒い樹脂パーツ(写真左)。
これ、どことなく次世代電動ガン用の錘(写真右)に形状が似ていますが、長さは違いますし、太さも若干違うので互換はありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この樹脂パーツ重量は3g。
まあ、錘としての効果は無いですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピストンの形状は次世代電動ガン用の物と形状は似ているものの、色々と異なります。
まず、ラックギアの歯の枚数がぜんぜん違うので、ピストン自体の全長が違います。
そして、金属歯の厚さもぜんぜん違う(AA-12の方がかなり分厚い)ので、こちらも互換がありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上が次世代電動ガン用、下がAA-12。

ピストンヘッドは前方吸気方(吸気穴が開いていない)で、ここは今までの電動ガンと同じです。

これをどうしようかと結構悩んだのですが、私は結局ピストンヘッドに穴を空けて後方吸気に変更してみました。
あんまり穴を開けすぎても強度不足になって壊れるのも嫌なので、1つのヘッドに対して4つだけ開けることにしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当然ながらこういったパーツの加工に失敗したら、もうどうしようもないです。
更に言うと、今までの電動ガンのデータが活かせるかどうか良く分からないような作りなので、加工する事で全体的なバランスが崩れて初速が低下したり安定しなくなる可能性もあります。
そうなった場合は、AA-12をもう1個買うか、アフターパーツやカスタムパーツが出るのを待つしか無いですね。

ちなみに、AA-12の構造上、前方吸気のエアー吸引によってBB弾を安定してチャンバーに装弾している可能性も十分あるので、後方吸気にする事で給弾が安定しなくなる可能性も十分にあります。

このようにAA-12のパーツ加工はかなりリスキーではあるものの、私自身『データが無いなら、自分で取ればいいじゃないか』という考えの人間なもので、これもデータ収集の一貫として加工しました。

とりあえず、ピストン弄りはこんな感じ。
と言ってもピストンヘッドに穴を空けて前方吸気方を後方吸気に変えただけですがね・・・。

AA-12のシリンダー、シリンダーヘッドの解説

続いて、シリンダー周りを見ていきます。
AA-12のシリンダーも中々面白い作りになっており、3つの細長いシリンダー(恐らくステンレス製)と1金属板に取り付けられた3つのシリンダーヘッド、そしてカップ状のゴムが特徴的です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シリンダーヘッドに付いているカップ状のゴムは外せそうなのですが、結構材質が薄く、外す時に傷が付いたりゴムが伸びてエア漏れに繋がったりするのが怖いので外していませんが、これでシリンダーとシリンダーヘッドの気密を保ちつつ、ピストンヘッドの打撃を緩和しています。

細長いシリンダーは内径15.07mm。
通常電動ガン用の内径が23.8mm程度なので、内径は約60%になっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常電動ガンに比べてかなりシリンダー容量は減っています。(とは言っても、MP5Kの加速シリンダーよりかはシリンダー容量はありそうですが)
ただ、シリンダーが3つもあるせいで実質ピストンに掛かる抵抗は従来型の3倍になっているはずです。

つまり、柔らかいスプリングを使ったり、ピストン自体を重くしてピストンの前進速度を低下させてしまうと抵抗に負けて全然ピストンの内圧が上がらないという事になりそうです。
その為、AA-12では物凄い硬いスプリングを採用しているのだと思います。

AA-12の恐ろしく硬いピストンスプリング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AA-12のピストンスプリングは正直笑うしかないです。
長さは8.5cm程と非常に長く、そして半端無く硬いです。

スプリングの断面は綺麗に整えられています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まあ、この硬さのスプリングですし、スプリング圧縮時に歪んだりしたら悲惨な事になるでしょうね・・・。
平らに整えられているのも歪まずに綺麗にスプリングを圧縮する為だと思います。

最後に、タペットプレートの説明をしていきます。

AA-12の変態的なタペットプレート

AA-12のタペットプレートも中々の変態設計です。
今までこんな構造のタペットプレート見たこと無い・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このタペットプレートにはリターンスプリングが3本も入っているのですが、うち2本はメカボックス外側の穴から入れれるので比較的組み立てはし易い作りになっています。
これはマルイの良心かな・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、こんな変態設計のタペットプレートの動作原理というか弾が発射されるまでのメカの動きは下記の通りになります。

まず、これが静止状態の全貌です。(ピストンスプリングやタペットプレートのリターンスプリングは抜いています)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タペットプレートのリターンスプリングによってタペットプレートは前進し、チャンバーのノズルは閉鎖状態になっています。
ピストンも前進状態です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セクターギアがラックギアと咬み合って、ピストンが後退を始めるとタペットプレート後方のフックがピストンの凹に引っかかってタペットプレートも一緒に後退します。
ここは次世代電動ガンのAKやSCARのリコイルユニットと似たような感じだと思います。

それと同時にタペットプレート前方のフックがノズルを引っ掛けてノズルを後退させます。

そのまま数cmタペットプレートが交代するとノズルを引っ掛けていたフックが外れてノズルが後退状態で停止します。
更にピストンが後退するとタペットプレート後方のフックが外れてタペットプレートが前進してノズルに接触、後退していたノズルを前に押し出します。(これで弾が給弾されます)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

更にピストンが後退するとピストンヘッドの凸がカットフレバーに接触し、カットフレバーを押し上げます。
これとほぼ同時にピストンも開放され、ピストンが前進します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今までみたいにセクターギアを使ってカットオフをやっている訳ではないので、カットフレバーが上がった状態で固まってしまい、撃てなくなるセミロックは起き無さそうです。
しかし、つくずく変態的なメカボックスです。

この発射原理から分かる通り、従来型電動ガンでは普通に行えていた下記のようなカスタムはかなり難しそうです。

  • セクターカット(ピストンを最後まで後退させないとカットフレバーが動作しないので)
  • ハイサイクルカスタム(ピストンの後退速度が上がるとタペットプレートのフックが破損する恐れがあるのと、給弾が追いつかない)

まあ、強化パーツやセクターカットに対応したピストンヘッド的なパーツが登場したら実現可能だと思いますが、発射サイクルにはかなりシビアな限界がありそうです。

という訳で、AA-12の内部調整、カスタマイズ 第2章はこれにて終了。

次はバレル・チャンバーか電装系を弄っていこうと思います。
とりあえず、電装系弄る前にFETの信号線で使われてる小さなコネクタ買ってこないと・・・。


その他のAA-12関連記事はエアーガンレビュー一覧ページから。