キメラM4ことBTC Chimera MK2を組み込んだM4のギアをDSGに戻しました。 | エボログ

キメラM4ことBTC Chimera MK2を組み込んだM4のギアをDSGに戻しました。

タイトルの通りなのですが、以前DSGを組んでいたものの通常のギアに戻したキメラM4ですが、またDSGに戻す事にしました。
深い理由は特に泣くて、最近面白い電動ガンが出ないので、色々な組み合わせを試してDSGのデータを取ってみる事にしたわけです。

まず最初に「DSGで加速シリンダーを使ったらどうなるんだ?」と思ったので、加速シリンダーを使ってみる事にしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSGの場合、マルイのMP5Kサイズのシリンダーで若干加速させれるようになるのですが、それだと劇的な変化は望めなさそうなので、更に加速させる為にシリンダーを逆向きに付けてみる事にしました。(通称逆向きクルツシリンダー)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが中々にじゃじゃ馬というか、覚悟はしていたのですが全然初速が上がらない。
びっくりする位に初速が0.20gで90m/sを超えないのです・・・。

部屋に転がっている色々な硬さのスプリング、色々な長さ・内径のインナーバレルをほぼ総動員させたり、ピストン重量を重くしてみたり軽くしてみたりとあれこれ試行錯誤していたのですが、結局90m/sを超える事は無かったです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSGチューンでどうなんだ?と思える40gオーバーのピストンも作ってみたりしましたが、結果初速はかえって落ちるだけでした・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

逆向きのMP5Kサイズのシリンダー容量だとコンパクト電動ガンより若干少ない程度なので出そうと思えば0.20gで90m/s以上だせる気もするのですが、どうも85m/s前後止まり・・・。
結果、目的は達成出来なかったもののDSGに加速シリンダーを組み込んだ時のデータが色々と取れました。

ざっくりながら、こんな感じ。

  • 硬すぎるバネはかえって初速を落とす(スペーサー無しだと140〜200%位が適正)
  • ピストン重量は軽くても重くてもそんなに変わらない(せいぜいプラス・マイナス2〜3m/s程度)
  • インナーバレルは15cm程度が最も高初速。
    6.03mmよりもマルイ純正のような6.05mmの方が相性が良い。6.10mmや6.23mm等のルーズバレルはあまり相性がよくなさそう。

飽きたので、”確実に普通に使える”設定で組むことにしました。

と、こんなアホみたいな動作検証でほぼ1週間使ったのですが、さすがに飽きてきたのと、サバゲーの予定が近づいてきたので”確実に普通に使える”設定で組み直す事にしました。
とは言っても今まで通りのデータを使うのは面白く無いので、再び新しい試みをしてみました。

今度はボアアップシリンダーの採用です。
シリンダー容量が増える分には問題無いでしょうという事で、試してみる事にしました。

今回使ったのは部屋に転がってた新品のSHS製ボアアップアルミシリンダーと、こちらも部屋に転がってたハリケーン製ボアアップ対応シリンダーヘッドです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピストンヘッドはライラクス製のPOMで別にボアアップ用ではありませんが、Oリングはホームセンターで買ってきたボアアップシリンダーの内径に対応するOリングなので気密はバッチリ。
これは以前、マジキチ流速チューンをやった時に使った物と同じものなので、耐久性や安定性は問題ない事を確認済みです。

これまた今回発の試みなのですが、ファイアフライの辛口なまずを使ってみる事にしました。
こちらも実はマジキチ流速を作った時に使った物なんですよね・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、押しゴムの穴の中にはピンを入れています。
これによりゴムの歪みを減らして突出量を安定させることが出来ます。
ピンは適当に部屋に転がってた何かのピンを拝借しています。(部屋にはガラクタばかり転がってるから色々見つかる)

尚、今回は東京都立川市に出来たMEGA G3に遊びに行く為、0.20gで初速90m/s以下になるように調整しています。
初速調整の方法は単純にバレルカットです。

いつも通り、安全マージンは5m/sに設定。
初速は0.20gを使って最大でも85m/sを超えないような設定にしておきました。
IMG_4507

その為、今回バレル長は短いです。(12cmになりました)
そして、エアーが有り余ってるせいで結構パンパン煩いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなこんなでDSGに戻ったキメラM4をMEGA G3に持って行こうと思います。
実は外装も色々弄ってるのですが、これはまた別の記事で・・・。