長らく放置されていたキメラM4を再調整しました。 | エボログ

長らく放置されていたキメラM4を再調整しました。

BTC Chimera MK2を組み込んだM4なので「キメラM4」という名前を付けたこのM4ですが、最後にゲーム(というかタクトレ)に持っていった時に色々と不満点が出てきたので、調整しよう調整しようと思ってはや2ヶ月が経過していました…。

という訳で、色々と見直して調整する事にしました。

しかし、随分ホコリが溜まってしまったなぁ…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネジも錆びてるし…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、バラします。
キメラM4のメカボックスはRetroArmsのVer.2用分割メカボックスを使っているので、駆動系の調整はとにかく楽ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トレポンのようにアッパーとロアーを分離させるだけでピストンが取り外せます。

で、まず最初に色々不満というかトラブルの多かったグリップから。

今まではPTSのグリップやG&Pのグリップを使っていたのですが、とにかくどのグリップを使ってもノイズが酷かったので、今回VFC QRSグリップを使う事にしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丁度ストックもVFC QRSストックですしね。

VFC QRSグリップとストックはこんな感じ。
尚、QRSストックの方は、左右のバッテリースペースを外しているのでちょっとスリムになってます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストックのQRSロゴは結構大きめですが、グリップのQRSロゴは小さめ。
まあ、スペース的にそうなるよな…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

QRSグリップを取り付けてみました。
これと言った加工は不要でポン付け出来ました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、メカボックスとの相性なのか、フレームとの相性なのか分かりませんが、ネジをきつく締め付けても若干フレームとグリップの間に隙間が出来てしまいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まあ、動作には問題はありませんし、そんなに大きな隙間でも無いので、気にせずそのままピニオン位置を調整していきます。
分割メカボックスなのでこれもピニオン位置調整もスムーズに行えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この時点で既に気になるようなギアノイズは無く、素直な動作音でした。
やっぱりVFCのグリップは良いわぁ…。

とりあえず、メカボックス周りはこんな所で、続いてチャンバーを弄ります。

私が使っているRetroArmsのVer.2用分割メカボックスは、ピストンASSYに専用チャンバーが装着されるタイプで、本来ならRetroArmsのチャンバーが付いているはずなのですが、それを外してProWinチャンバーに変えています。
ただ、このProWinチャンバー、使えば使うほどどんどんドラム型のHOPダイアルが緩んできて、今では簡単にスルスル動くようになってしまいました…。
当然、ピストンの打撃による振動でHOPがどんどん狂ってしまいます。

それを修正する為にシールテープを増すことにしました。
かなり多めに巻きつけてHOPダイアルが簡単には動かないよう、調整します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じでガッツリはみ出る位に…。
「これ以上巻くとダイアルが付けれなくなる」くらいまで巻きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にコネクターの交換です。
最近、私は電動ガン用バッテリーの統一化を考えており、今まで使ってきた色んなバッテリーをSYSTEMA PTW互換のバッテリーに交換しようと思っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑このサイズの奴です

という訳で、このキメラM4もコネクタをディーンズタイプからSYSTEMA互換のマイクロディーンズに交換しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キメラM4のFCUはターミナルブロックによって配線を固定するので、交換が楽です。
ケーブルは部屋に落ちてた銀ケーブルです。
丁度Chimera MK2付属のケーブルと同じ太さの銀ケーブルが落ちてたので助かりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、これでキメラM4の再調整は終了です。
初速はまあ相変わらず0.20gで93m/s〜94m/s程度で安定。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、今回はFCUのプログラムを変更してフルオートセレクターでちゃんとフルオートが使えるようにしました。
フルオートも給弾不良無く快調に動きます。