ATN X-Sight Ⅱ HD 3-14xとiPhoneを連携させてみた | エボログ

ATN X-Sight Ⅱ HD 3-14xとiPhoneを連携させてみた

先日、ファーストインプレッション記事を書いたデジカメスコープこと、ATN X-Sight Ⅱ HD 3-14xの機能としてスマホ連携機能があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、まずはAppStoreから「ATN Obsidian」をダウンロード、インストールします。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

インストールしたら、まずはATN X-Sight Ⅱ HD 3-14x側でWiFiをONにします。
WiFiアンテナのロゴに斜線が入っていなければWiFiONの状態です。
img_0040

WiFiのSSIDやパスワードは設定画面から見れます。
見たところ、SSIDはどうやらxsight_ + MACアドレスの末尾4桁になっているようですね。
img_0051

iPhone上から上記のSSIDをWiFiの一覧から探し、パスワードを入れて接続します。
img_0052

ATN X-Sight Ⅱ HD 3-14xとiPhoneが繋がったら「ATN Obsidian」を起動し、デバイス(SSID名)を選択します。
img_0054

デバイスを選択すると、メニューが出てきます。
img_0055

こんな感じでATN X-Sight Ⅱ HD 3-14x側の設定をiPhone上から行えるようになります。

ナイトモードのON/OFF、明るさ、写真と動画撮影機能の設定などなど…
基本的にATN X-Sight Ⅱ HD 3-14xで設定できる事は一通りiPhoneアプリ側からも設定が出来るようです。
img_0056

また、スコープのゼロイン調整もiPhone上から行えます。
写真の通り、レティクルや傾きセンサーの数値、スコープの映像がiPhoneの画面上に表示されます。
左下の十字パッドのようなソフトウェアボタンを押すことで、上下左右にレティクルを移動させる事が出来ます。
img_0057

また、設定したゼロインは複数保存しておく事が可能です。
「この銃用」や「この距離用」等、色々なゼロイン設定を保存しておけば、用途に合わせて簡単に設定を変えれます。
img_0058

もちろん、ゼロインだけではなく、スマホの画面を見ながら狙う事も可能です(ゼロイン調整機能とは別に、射撃用のモードも用意されています)。

やっぱり、ATN X-Sight Ⅱ HD 3-14xは面白いスコープです…。
いいおもちゃだ。



ATN Obsidian
カテゴリ: ライフスタイル
現在の価格: 無料