VIPER TECH M4用 CO2マガジンを分解していきます。 | エボログ

VIPER TECH M4用 CO2マガジンを分解していきます。

以前、ウェスタンアームズのバルブロックを取り付けるという記事から頃く時間が経ってしまいましたが、VIPER TECH M4用 CO2マガジン(EB Tech製のM4用 CO2マガジン)を分解していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

購入直後のレビューはこちらから。
[ウェスタンアームズのM4と互換がある気がしたので、VIPER M4用 CO2マガジンだけ買ってみた]

マガジンのインナーを持ち上げる位の箇所までの分解方法は、以前ウェスタンアームズのバルブロックを取り付けた際に紹介しているので、そこは省略します。

という訳で、こんな感じにインナーが持ち上がる状態になったら・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BB弾が収まる樹脂製の筒を引き抜きます。
結構硬いのでペンチ等で掴んで引っこ抜くと良いと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じにくの字に曲がってます。
ウェスタンアームズのマガジンはこの部分がL時のような形状になっていますが、こちらのマガジンは直線になっています。
故にスプリングも少し短め。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、インナーを引っこ抜きます。
BB弾が収まる樹脂製のパーツを先に抜かないとこのインナーは外れません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マガジンの外装はこんな感じ。
この形状ならもしかしたら実マグのアウターに交換する事が出来そうです。(当然、要加工でしょうけど)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、バルブレンチを使って放出バルブを取り外します。
見た感じ、WA、INOKATSU、GHK、VFC、WE、マルイ等の主要メーカーと大きく形状が異なるので、他社製品との互換性は無さそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もっとも、形状が同じでも流通しているのはフロンガス用の放出バルブなので、CO2専用のVIPER TECH M4用 CO2マガジンに取り付けても意味がありません。
ガスが放出できないか、仮に放出出来たとしてもOリングが破れるか、吹き飛ぶだけです。

弁の部分はCO2用なので樹脂のような硬さの硬質ゴム(白い部分)で出来ています。
尚、一般的にこのパーツは円錐のような形をしている事が多いのですが、VIPER M4用のやつは平らでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、フロンガス用のバルブはこの弁に柔らかいゴム製のOリングが使われています。
このOリングにCO2の圧力が掛かると必要以上につぶれてしまったり、放出時の圧力で外れてしまうのです。

VIPER TECHのM4の場合、ガスを抜くための機能が備わっているので最悪CO2カートリッジと放出バルブを1本駄目にするだけで済みますが、この機能が備わっていないマガジンでフロンガス用の放出バルブに交換をしてしまうと、マガジン1本駄目にするか、怪我をする覚悟でガスが入った状態の蓋を空ける必要が出てきます。

という訳で、一旦バルブを外した所で記念撮影。
パーツ点数はそんなに多くないです。分解の難易度的にはWAの純正マガジンより低いと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、ガスタンク部分をバラしていきます。
ガスタンクはアルミの部分(CO2カートリッジを入れておく方)とダイキャストの部分(ガスの放出ルート側)に分かれています。
ガスタンクの分解は2本のプラスネジを使う事で可能なのですが、このネジは接着剤のような物で固着しており、外すのが結構面倒です。
そして、ネジの頭が薄く、材質もそんなに硬くないのでなめないように気をつけてネジを回す必要があります。(サイズの合っていないドライバーなんて使ったら即死だと思います)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2本のネジを外すと、CO2カートリッジを入れておく部分とガスの放出ルート側で分離させる事が出来ます。
つなぎ目には程よい粘度のオイルが塗布され、材質の異なるOリングが2つ付いており、しっかりと気密が取られている事が分かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CO2カートリッジを入れておく部分にはCO2カートリッジから放出されたガスを蓄えておく為のスペースが用意されています。
このスペースが結構広く、CO2カートリッジ1.5本分程度の容積がありそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CO2カートリッジに穴が空き、放出されたガスが一旦この広いスペースに蓄えられてから放出されるので、ガスの減圧と放出量の安定化を行っているのかもしれません。

という訳で、VIPER TECH M4用 CO2マガジンの分解レビューは以上になります。
こういう目新しい製品は、分解して始めて分かる事も多いですね。

やっぱりバラすのは楽しいです。