MAGPUL M-LOK AFG風の20mmレイル対応 アングルフォアグリップを買ってみた | エボログ

MAGPUL M-LOK AFG風の20mmレイル対応 アングルフォアグリップを買ってみた

本来ならM-LOK専用のアングルフォアグリップなんですが、何故か20mmレイルに取り付ける事が出来るようになっている、MAGPUL M-LOK AFGを買ってみました。
メーカーは不明ですが、多分FMA辺りだと思います。

MAGPUL M-LOK AFGに20mmレイルマウントが付いている製品で、20mmレイルへの取り付けはQDレバーになっています。

締め込み具合の調整はこちらのノブで行います。
調整幅は割と広いので、エアソフトガンあるあるの適当なサイズの20mmレイルでも問題なく使えると思います。

WE AK74UNに付けている、LCT TX-3に付けてみました。

反対側(QDレバー側)はこんな感じ。

握り込むとこんな感じになります。
20mmレイルの部分が分厚いですし、更にTX-3も結構高さのあるハンドガードなので、本来のアングルフォアグリップの持ち方(親指をハンドガードの上に持っていって握り込む形)は出来ないですね…。

あー、凄く親指をどこかに置きたい…。
フィンガーレストが欲しいですね。

この商品の良いところは何と言っても20mmレイルに対応しているという所でしょうか。
悪いところとしては、20mmレイルに対応させる為に分厚くなってしまい、握り込みにくくなっているという所だと思います。

とは言え、MAGPUL M-LOK AFGを20mmレイルで使いたい!という要望がある場合はこちらの商品は良い一品だと思います。
M-LOK対応のハンドガードも種類は結構出てきていますが、まだまだ20mmレイル対応品に比べると少ないですからね…。

ちなみに、WE AK74UNの全体像はこんな感じになりました。
順調にどんどんゴテゴテしていってます。