MAGPUL PTS SSG PTW用セレクターレバーをA&K STWに付けました | エボログ

MAGPUL PTS SSG PTW用セレクターレバーをA&K STWに付けました

A&K STWの外装カスタムもいよいよ終盤です。
まず、元々流速ポンの方に付けていたFCC製 MOEグリップをSTWに移植したのですが、こちらは何の問題もなくポン付け出来たので説明は省略します。

そのついでにセレクターレバーも交換する事にしました。

今回買ってきたのは「MAGPUL PTS SSG for Systema PTW M4」です。
今となっては懐かしい「MAGPUL PTS」製品です。

本体はこんな感じで、樹脂製のセレクターレバーになります。
MAGPULのフォントもちゃんとした奴です。

軸の部分は金属パーツになっています。

セレクターレバーの内側にPTSのロゴが入っています。
多くのPTS製品は自社ロゴをパーツを組み込んだ際に見えなくなる位置に配置してくれるので良いですよね。

という訳で、STWから純正のセレクターレバーを外します。
単にセレクターレバーを外すだけなので、ギアボックス上部のイモネジを緩めて外すだけ。

「MAGPUL PTS SSG for Systema PTW M4」を取り付ける前に一旦セレクターレバーにグリスを塗布しておきます。
グリスを塗布しておくだけでセレクターレバーを回した時の「カチッ!」という感触が良くなります。

セレクターレバーはポン付けOKでした。
しっかりセーフ・セミ・フルの位置でカチッとロックされますし、動きもスムーズです。

後はアッパーを閉めて完成。
STWの外装カスタムは一旦これで終わりです。

近々光学サイトをレプリカROMEO3から別のものに交換する予定ですが、多分それくらいで終わりだと思います。

内部に関してはとりあえず純正パーツが壊れるまでこのまま使い続けようと思います。
意外と問題なく使えたので…。