A&K STW HK416Dを調整していきます Part.2(ピストン・シリンダー) | エボログ

A&K STW HK416Dを調整していきます Part.2(ピストン・シリンダー)

ギアボックスの調整の次はシリンダーASSYで行った調整を紹介します。

とりあえず、まずは最近私がトレポンカスタムのテンプレにしているピストンの消音カスタムを施しました。
まあ、現段階ではパーツの耐久性的に実用性があるとは言えず、まだまだテスト中の段階なんですがね…。

ピストンヘッド側にテーパーをかけます。
理由は後述しますが、今までより少し広めのテーパーにしています。

そして、ピストンヘッド側にOリングを取り付けるのですが、今回はかなり大きなサイズの物を入れてみました。
サイズは太さ3mm、外径11mmの、内径5mmで、今まで使ってきたOリングより2mmも太い物です。

というのも、STWのシリンダーヘッドの寸法がSYSTEMA純正と結構違っており、SYSTEMA純正で丁度良かった大きさのOリングが合わなかったのです…。
このOリングは実質STW専用みたいな感じですね。
その為、ピストンヘッド側のテーパーも広めに掘ったのです。

尚、Oリングを取り付ける際に気づいたのですが、ノズルのネジが手で回せる位にユルユルだったので、しっかり締め直しました。

無負荷状態でこんな感じの隙間が出来ます。

続いて、ピストンヘッドのOリングを交換します。
純正のOリングは分解レビューの際に紹介した通り、組付けが酷く、金属片(切粉)がシリンダーヘッドやピストンヘッドに付着していました。
この切粉とOリングが擦れて傷が付いていたので、交換します。

交換するOリングはいつも使っているGAW製 FRUS-Oリング(電動ガン用)です。

そしてOリングを交換した後、気密チェックをしていて気がついたのですが、どうやらノズルの周囲からエアーが漏れている事が判明しました。
ノズルを指で抑えながらピストンを前進させると「スーッ」とエアーが抜けていってびっくりしました…。
箱出し状態で初速が凄く低かったのは恐らくこれが原因だと思います…。

というわけで、一旦ノズルを分解します。
それにしても中々凄いノズルスプリングが入っていますねぇ…。

そして、ノズルとシリンダーヘッドの間にこのOリングを入れました。

ノズル→ノズルスプリング→Oリング→シリンダーヘッド→シリンダーヘッドが咥える部分というような順番になります。
これでノズル周囲からのエア漏れが無くなり、気密がしっかり保てるようになりました。

尚、スプリングカットされた側はノズルの方に向けました。
でないとOリング切れちゃいそうですし…。

しかし、問題はそれだけではありませんでした。
物凄い頻度で給弾不良が起きており、給弾した弾が全て真っ二つになるか、砕け散るという、全自動BB弾粉砕機になっていました。

あまりに綺麗に真っ二つにしてくれるもんなので、ちょっと感心してしまいました…。

色々調べてみた所、原因はDSG化に伴う問題で、該当箇所は数カ所あり、1つはピストンヘッドの可動量が問題でした。

以前、STW M4A1をレビューした時にピストンヘッドの可動量がSYSTMEAよりも大きい事を紹介しましたが、STW HK416でも同様に可動量が大きかったです。
この可動量が原因の1つだったので、可動量を減らします。

まず、ピストンを分解します。
ネジロック剤も何も付いておらず、簡単に外す事が出来ました。

可動量を減らすために、中にスペーサー(厚さ3mm)を2個入れます。
ドラゴンフォースオリジナルのテンションアジャスターが丁度よいサイズでした。

あまりに減らしすぎると今度は可動量が少なすぎて給弾不良が起きるので、とりあえず適当に6mmにしてみたのですが、これで解決できました。

ちなみに、ピストンヘッドの可動量を減らした結果、給弾不良が起きるようになった場合は、ノズルのスプリングを柔らかくするか、ピストンヘッド内に入っているOリングを硬めの物(SYSTEMA純正とか)に変えると良いかもしれません。

後は初速調節です。
ピストンスプリングは以前流速ポンから取り出した、ヘタったORGA M110を入れました。

後はスプリングガイド側に何個か通常電動ガン用のスペーサーを1cmぶんくらい足して初速調整は完了しました。

ついでにシリンダーのガタツキが気になったので、アルミテープを1枚貼ってガタを無くしました。

とりあえず、これでSTW HK416のシリンダーASSYの調整は完了です。
次はバレル〜チャンバー周りですね。
今回行ったSTWの調整ではチャンバーが一番面倒でした…。


A&K STW HK416 調整記事一覧