ASG EVO3A1 カービンの流速チューンをやめました(ついでにショートストロークトリガー組み込み) | エボログ

ASG EVO3A1 カービンの流速チューンをやめました(ついでにショートストロークトリガー組み込み)

昔は流速チューン大好きで、パンパン煩くさせるのにハマってた時期があったのですが、最近は割と大人しめな銃を作る事が増えてきていました。

そこで、EVO3 A1カービンは「久しぶりに流速やろう」と思い、実際に作ってみたのですが、結局「煩い」を理由にセッティングを変更する事にしました。
もう、必要以上に動作音が煩い銃は多分作らないと思います…。

というわけで、色々変えていきます。
まず、ピストンヘッドをZCのステンレス製からRetroArmsのPOM製に交換しました。
中に仕込んでいる錘は変えず、東京マルイ純正の通常電動ガン用錘に鉛テープを入れた物になります。

シリンダーヘッドとピストンの間にはAOE調整用のワッシャーを入れています。

これでピストンヘッドの打撃音は割と緩和されるはずです。

やはり、金属製のピストンヘッドを使ってしまうと、どうしてもピストンヘッドとシリンダーヘッドが衝突する時に「キーン」という金属音がなってしまい、撃ってると気になるんですよね…。
その為、私はピストンヘッドは樹脂製のものを使う事が多いです。

続いて、こちらはチューン内容とは関係の無い物ですが、トリガーを替えてみました。
EVO3のカスタムトリガーは恐らくこの1種類だけだと思います。「CNC short stroke trigger」です。

EVO3に付属するトリガーは樹脂製ですが、こちらはアルミ削り出しになります。
色が銀色(白銀色)で、前面に「EVO」と刻印が彫られているのが特徴的です。

ストレートトリガーでは無く、トリガーの前側は弧を描くような形になっていますが、カクカクしてます。

ぶっちゃけ、「何がショートストロークなん?」という感じのトリガーで、ポン付けではトリガーストロークの量はそこまで大きく変わらないです。
トリガーの位置だか角度が若干変わる事によって、気持ちストローク量が短くなっているのかもしれませんが、ぶっちゃけ誤差みたいな物です。

そもそも、純正トリガーにプラ板を貼るだけでショートストローク化出来るので、わざわざこんなカスタムトリガー(しかも5000円位しますし)を買う必要も無いと思うのですが、ここは気分です。
「見た目を変えたい」「CNC削りだしという事に意味がある」という人向けのカスタムパーツかと思います。

というわけで、その「ショートストロークトリガー」を更にショートストロークにする為にプラ板を貼り、適度な厚さに削ります。
これはひたすら組み付け→削るを繰り返して、最適な厚さを作っていきます。

尚、EVO3A1カービンというか、原稿ロットのEVO3はセレクターレバーがセーフティー状態であっても、トリガーのスイッチが押されるとセミオートとして動作してしまう不具合というか、FCUの設計上の仕様があるのでトリガーをショートストローク化させるときは注意が必要です。

ARESのEFCSもそうですが、本当この仕様やめて欲しい…。

続いて、シリンダー容量も少し減らしました。
純正よりも加速ポートが手前に来ているシリンダーを組み込んでいます。

あと、ついでにちょっとシムの調整も変えて、組み立て。
ベベルギアの位置を少し変えました。

尚、入れたピストンスプリングは東京マルイ純正の普通のサイズの奴です。

続いて、バレル周り。
もうこの時点で「色々考えるのめんどくさい」という気持ちになったのでここからは適当です。

LayLax製のHOPテンショナー ブリッジタイプ(青色)の前後を切った物と、東京マルイ純正のチャンバーパッキンをベースに、突起を切ったフラットパッキンを組み合わせました。
この組み合わせなら、良くも悪くも普通な飛び具合になるはず。

インナーバレルは余ってた350mm位の長さの物を使いました。
中華製インナーバレルなので、内径は6.05mmだと思います。

実は最初、200mm位のインナーバレル(6.03mm)でテストしていたのですが、「これじゃあ、カービンの意味無いじゃん!」となり、長くしました。

流速チューンにした時と同様、アウターバレルの先端にOリングを2つ付けます。

とりあえず、組み上がりました。
トリガーの銀色がちょっとしたアクセントになってます。
せっかくなので、アングルフォアグリップも銀色にしようかな…。

トリガー部分のアップ。

初速は0.20gで93m/s程度になりました。
HOPを強くしたり弱くしたりすると初速が下がる事から、エアー量は結構ギリギリなのかもしれません。(M4サイズの加速シリンダーを使い、340mmのインナーバレルですし…)

という訳で、EVO3 A1カービンの再調整は以上になります。
流速から至って普通のチューンに戻りました。

尚、トリガーストロークですが、このような感じになりました。
セーフティに入れた状態ではトリガーは微動打にせず、セーフティを解除するとチョン押しで動作します。
遊びは一切ありません。少しでも人差し指に力を入れると撃てます。
多分EVO3のショートストロークカスタムは構造上これが限界だと思います。