A&K STW用にAlpha PartsのSYSTEMA PTW用ストックパイプを購入しました | エボログ

A&K STW用にAlpha PartsのSYSTEMA PTW用ストックパイプを購入しました

Alpha Parts製 SYSTEMA PTW用ストックパイプを購入しました。
内容物はストック本体とキャッスルナット、エンドプレートになります。

こちらのストックパイプは6ポジション仕様で、上部に1〜6の数字が表記されているタイプになります。

SYSTEMA PTW用なので、ちゃんと配線を逃がす溝が設けられています。

太さはそれぞれこんな感じ。

MILスペックチューブとコマーシャルチューブの間位というなんとも微妙な大きさでした。
MILスペックチューブだとガタツキのあるストックとの相性は良さそうです。

付属のエンドプレートとキャッスルナットはこんな感じ。

エンドプレートは割と普通な感じなのですが、キャッスルナットは何だかVFC製のM4に付属するような表面処理でラメっぽいキラキラ感があります。

このストックパイプですが、A&K STWに付けれるかな〜と思って買ったんですが、STW HK416のロアレシーバーにドンピシャでした。

WA互換が合ったり、SYSTEMA互換が合ったり本当謎ですね。

ともあれ、前回5KUのストックパイプを取り付けた際のトラブルがあったので、暫く使ってみないとなんとも言えませんが…。
今回は5KUの時よりもドンピシャ感が強いので大丈夫だと思います…そう願いたい…。

尚、ストックチューブキャップには以前紹介したAlpha Parts製のワッシャーを2枚入れました。

キャップ自体はほんの少し緩いものの、ガタツキ無く取り付けられました。
もしかしたらもうちょっと太いOリングを入れた方が安心できるかもしれません。

という訳で、これでA&K STW HK416に取り付けられるストックの選択肢が大幅に増えました。
本当、純正のストックパイプは何であんなに不便な仕様なのだろうか…。