UR-TACTICALのコンシャツ『OPS GEN2 IMPROVED DIRECT ACTION SHIRT』とコンパン『OPS STEALTH WARRIOR PANTS』を買ってみた | エボログ

UR-TACTICALのコンシャツ『OPS GEN2 IMPROVED DIRECT ACTION SHIRT』とコンパン『OPS STEALTH WARRIOR PANTS』を買ってみた

秋〜冬装備用として、UR-TACTICAL製のコンバットシャツ『OPS GEN2 IMPROVED DIRECT ACTION SHIRT』と、コンバットパンツ『OPS STEALTH WARRIOR PANTS』のマルチカムを買ってみました。

基本的に毎年夏と冬で装備を変えているのですが、今年の秋冬はマルチカムで行きます。

銃も飽き性ですが、装備は銃以上にすぐ飽きるんですよ…。
なのでコロコロ新しい物を買ってます。

あと、実は全身マルチカムで固めるのって今まで一度もやった事無かったんですよね…。
皆やってるので別にマルチカムである必要性を感じなかったというのが一番大きいんですけど、今回は「ベロシティのプレキャリがマルチカムだから」という理由でマルチカムで合わせる事にしました。

それにしても、迷彩服と言えばUR-TACTICALの製品ばかり買ってる気がします…。
まあ、このメーカーの製品は手頃に手に入って、品質もよく、値段も程よく安く…と都合が良いんですよ。(この組み合わせなら上下セットでも3万円以下で買えますし)

という訳で、コンシャツはエルボーパッド付き、コンパンはニーパッド付きの製品になります。

OPS GEN2 IMPROVED DIRECT ACTION SHIRTの紹介

まずはコンシャツの方がから紹介していきます。
サイズはSサイズを買ってます。

『OPS GEN2 IMPROVED DIRECT ACTION SHIRT』は、名前の通り第二世代目の製品で、GEN1に改良を加えたバージョンになります。

尚、GEN1がどういった物なのか知らないので、具体的にどこがどう変わったのかは不明。
G.A.W.ウェブショップの説明文を引用すると、

胴体部分がメッシュ生地で前面オールファスナーだったGen1に改良を加えたバージョンになります。

との事です。

ちなみに、これの色違い(マルチカムトロピック)を2年前に買ってたりします…。
更に言うと、この記事を書いている最中に、この事に気づきました。

最近、このコンシャツ着てなかったからね…忘れてましたよ…。

首元と背中はこんな感じ。
首元はジッパーで開閉可能、脇の下周辺には非常に伸縮性のある生地を採用しており、動きやすくなっています。

肩の部分にはベルクロのメスが付いており、その部分がジッパー式のポケットにもなっています。
また、胴体部分は若干の伸縮性のある生地を採用していますが、肩から袖にかけては強度の高いリップストップ生地が採用されています。

つまり、胴体部分、脇の下、袖の3箇所で使用している生地が異なっています。
要所要所で最適な種類の生地を使っているというのは良いですね。

肘は強度を高める為に生地が追加されています。
また、肘の内側にはポケットが付いており、エルボーパッドを内側に仕込む事が出来ます。

ぶっちゃけこのパッド、取り外しが割とめんどくさいので、私はエルボーパッドを付けずに使うと思います。
以前購入したマルチカムトロピックのコンシャツもエルボーパッドは外して使ってました。

洗濯する時に毎回外すの、超面倒じゃないですか…。

袖の口の近くにもジッパー式のポケットが付いています。
このコンシャツの袖、とにかくポケットだらけですね…。

左側の腰辺りにラベルが縫い付けられています。

OPS STEALTH WARRIOR PANTSの紹介

続いて、コンパンです。
こちらのサイズはS-Rです。

ニーパッドがズボンの内側に設置出来るようになっている変わったデザインのコンバットパンツで、いたる所で伸縮性のある生地が採用されている為に非常に動きやすく、そしてナイロンが擦れる「シャリシャリ」とした音が殆ど鳴らないのが特徴的なコンバットパンツです。

ズボンの前面にはファスナーとボタンが1つ付いています。
腰回りの左右にはバンジーコードのような感じでゴムが入っており、体へのフィット感を向上させています。

お尻の部分は耐久性を高めるためだと思うのですが、生地が2重になっており、かなり分厚いです。
コンシャツほどでは無いですが、伸縮性のある生地を採用しているので分厚くても多少伸びるので動きを阻害しないというのは良いですね。

ズボンにもポケットは沢山あります。
とりあえず一例として2箇所のポケット(カーゴポケット)を写していますが、サイドポケット2個、ヒップポケット2個、カーゴポケット(ベルクロ式)2個、カーゴポケット上にジッパー式ポケット2個といった具合で、合計8個のポケットが備わっています。

ニーパッドはズボンを折り返して入れるのが良いと思いますが、コンシャツ(OPS GEN2 IMPROVED DIRECT ACTION SHIRT)のエルボーパッドよりも入れるのが大変です…。
コツがあるのだとは思いますが、それでも構造的に大変そう。

これも外して使いますかね。
元々そんなに激しい動きする訳でもないので、ニーパッドは無くても良い派ですし…。

裾には紐が付いており、絞る事が出来ます。

実際に履いて動いたりしてみましたが、伸縮性のある生地のお陰でかなり動きやすい事が分かりました。
このようにかなり大げさに膝を曲げてしゃがんだ時にも、しっかり生地が引き伸ばされます。

コンパン、コンシャツ共にフィット感がとても良いですね。

あと、UR-TACTICALは、ちゃんとSサイズ(ズボンはXSもある)を用意してくれている所が非常にありがたいです。

また、先日のサバゲーで早速このコンシャツとコンパンを着てみましたが、やっぱりいい感じでした。

気温は20度程度で過ごしやすかったという事もありますが、コンパンは薄手な事もあってプレキャリを着ていても疲れるほど暑くなる事は無くとても快適でした。
また、ズボンは伸縮生地のおかげで走ったり、りしゃがんだりしても、しっかり体についてくるような感じでした。