ボルトハンドルをアンビ化させた東京マルイ GBB 89式のボルトハンドルを、L85にしてみました | エボログ

ボルトハンドルをアンビ化させた東京マルイ GBB 89式のボルトハンドルを、L85にしてみました

2019年4月23日

訳の分からないタイトルになってしまいましたが、以前アンビボルトハンドル化カスタムを行ったGBB 89式塗装も終わり、一段落…となったのですが、実は塗装をお願いしている最中にこんな物を見つけていました。

G&G L85用のボルトハンドルです。
これ、かなり紛失しやすいパーツなので補修パーツとして取り扱いがあるんでしょうねぇ。

ブローバックするボルトハンドルがこんな小さいイモネジで固定されてるんですもん…。
そりゃ無くなりますわ。

で、このボルトハンドルですが、見た感じ内径がほぼ5mmだったんですよ。
なので物は試しにと、実際に買って確かめたら本当にほぼ5mmだったので「ネジ掘ったら使えるじゃん」となり、タップで掘る事に。

また、ボルトハンドルの長さが変わったので、ネジ(寸切りナット)の長さも調整、20mmの長さの物にしました。
あと、銀色は目立ちすぎる事が前回分かったので、今回は黒っぽい色のを買ってきました。

また、ネジ山でレシーバーが削れるのを防ぐ為に熱収縮リューブを巻き(赤矢印の部分)、オイルも塗布しておきました。

後はねじ込んで完成。

こんな感じの見た目になりました。
今まで付けていたAKのチャージングハンドル(写真左側)に比べるとかなりスリムになりました。

実際の動きはこんな感じ。
中々面白いです。

さて、そろそろリアサイトの取り付けを行わなければ…。
中々行動に移せないでいます…。