ナイトビジョン用カメラ ANVRS MK3のレビュー | エボログ

ナイトビジョン用カメラ ANVRS MK3のレビュー

2019年12月6日

Active Night Vision Recording System(ANVRS) MK3』という製品をお借りしたのでレビューしていきます。

こちらはPVS14系のナイトビジョンのアイピースリテーナーに引っ掛けるような形で取り付ける、動画撮影デバイスです。
まあ、簡単に言うとナイトビジョン用カメラですね。

NVを使いながら録画を行う事ができる、中々ユニークな製品だと思います。

本体側面にはリセットボタン、電源(録画)スイッチ、SDカード差込口、microUSBポート(充電用)といった感で配置されています。

SDカードは32GBまでのものが使用可能のようです。

刺叉のような形状をしたパーツを、ナイトビジョンの接眼レンズ側にはめ込んで使用します。

このような感じでアイピースリテーナーの窪みにピッタリハマります。

カメラから伸びているケーブルの長さは約12.5cmでした。

レコーダー部分はヘルメットに取り付けたり、このようにNVGの側面にベルクロテープを使って固定する事も可能です。
12.5cm程度しかケーブルが無いので、この取り付け方が一番無難な感じがしますね…。

尚、このカメラですが少し独特な仕様をしており、撮影した映像の左下に日付と時刻が表示されています。
しかし、デフォルトのままだとこの日時がめちゃくちゃです。

この日付の変更方法は、SDカードの中に入っている「TIME.TXT」というテキストファイルの時刻を編集する事で可能です。

デフォルトは2017.01.01 23:59:59というデータになっています(何故かこのデータで撮影をすると2018/01/19 06:03:00とかになる)

これを正しい日付にしてあげると、その通りの時刻になります。

時刻変更後の状態がこちら。

尚、録画された動画の拡張子はAVI、コーディックはモーションJPEGでした。
解像度は1920x1080pxで、フレームレートは30fps。
オーディオはS16(PCM Signed 16bit)のモノラル。ビットレートは512kbpsでした。

という訳で、屋外で撮影してきました。
場所は近所の河川敷、使用しているナイトビジョンはPVS14です。

この通り、レンズの半分よりちょい上位までが映っているような映像になります。
画質はそこまで高い訳では無いですが、「何があるか」とかは十分認識できる程度はありますし、フレームレートも30fpsもあるので、割となめらかに撮れているような気がします。

IRライトを照らしながら移動している時の様子です。(手持ちNVなので手ブレは注意…)

ある程度は自動で露光補正をしてくれるようで、明るすぎると映像が全部白飛びしてしまうという事は無さそうです。
ただ、ピンポイントで明るい場所はあまり綺麗に撮る事が出来ていないような印象がありました。

尚、このカメラデバイスはNVを使いながら録画する事を可能にする物ですが、実際の視野はこんな感じでガッツリカメラが映り込みます。
構造上仕方がないんですがね…。