PTS UNITY Tactical FAST マイクロ ライザーを買ったので、他レプリカ品との比較などを行ってみます | エボログ

PTS UNITY Tactical FAST マイクロ ライザーを買ったので、他レプリカ品との比較などを行ってみます

2021年2月9日

既に色々なメーカーからレプリカFAST マイクロ ライザーが発売されていますが、今回購入したのは正規ライセンスの製品になります。

という訳で、UNITY Tacticalの正規ライセンスを受けた製品、PTS UNITY Tactical FAST マイクロ ライザーを買ってみました。

箱を開けるとエアーキャップに包まれた小箱があり、その中にライザー本体とL字六角レンチが入っていました。
外箱は凝ったパッケージになっていますが、中身がバルク品みたいな見た目なんですね…。

という訳で、このようなライザーです。

裏面に「FOR AIRSOFT ONLY」の表記と、PTSのロゴが入っています。
まあ、この辺りはおなじみな感じですね。
目立つ所に入れられていないだけマシかなと。

側面はこんな感じで、左側にはUNITYのロゴが入っています。
マウントを固定する為のネジが若干長いのが気になりましたが、切削も塗装も全体的に綺麗感じです。

銃に取り付けるとこんな感じ。

やっぱりネジ長いですね…。
明らかに飛び出しています。

光学サイトの取り付けは問題なし、Airsoft Artisanのマウントで斜めになってしまう問題がありましたが、これは問題無さそうなので安心。

他のレプリカ品と比較してみます

という訳で、今まで買ってきたAirsoft ArtisanEvolution Gear製のFAST マイクロ ライザーレプリカと比較してみます。
写真の左から順にAirsoft Artisan、Evolution Gear、PTSになります。

まず、外観の大きな違いはエッジの鋭さがPTS製品が大人しめです。
なめらかさは有りませんが、他2製品と比べると鋭くはないですね。

裏面はこんな感じで、Evolution Gear製のみ軽量化の肉抜きとピカティニーレールに取り付けた時の位置合わせ用の突起が再現されています。

側面はこんな感じ。
まずは刻印が入っている側。
Airsoft Artisanは無刻印、Evolution Gearはリアルタイプの刻印(ロゴ+パテント表記)、PTSはUNITYロゴのみでパテント表記無し。
20mmレールをクランプする部分の形状はEvolutionGearとPTSが共にリアルに近い形状をしています。

反対側はこんな感じ。
PTS製には20mmレールをクランプする部分の穴が無いですね。
また、PTS製のみ六角ネジでそれ以外はトルクスネジです。

こう見ると刻印や形状の再現度はPTSよりもEvolution Gearの方が上な感じがしちゃいますね…。
流石に正規ライセンス製品だけあって、実物に寄せる事が出来なかったのかも知れません。(実部とレプリカの区別を付ける為に、細部の仕様を変えるのは正規ライセンス品でよくある話)

個人的に特に残念だったのはネジですね…。
正直形や刻印の再現度にそこまで関心が無い(無刻印でも問題無いと思ってる)んですが、ネジがとにかく安っぽい上に長さが合ってないというダブルパンチが辛い…。

なんだかんだ、Evolution Gearが再現度一番高いなという結論に至りそうです…。
EvolutionGear製をレビューした際に実物との比較も行っていますが、ロゴの大きさが少し違う位で、全体的に再現度が高かったですし。


それにしても、何でライザーマウントとかT1用ハイマウントはいろんなメーカーからレプリカ品が出るのに、何で組み合わせて使うハズのマグニファイアマウントが出ないんですかね…。