東京マルイ 次世代電動ガン MP5用純正マガジンの隠されたリアルカウント(30連)切り替え機能について | エボログ

東京マルイ 次世代電動ガン MP5用純正マガジンの隠されたリアルカウント(30連)切り替え機能について

2021年8月20日

説明書にも記載されていないネタとしてTwitterで見かけた、東京マルイ 次世代電動ガン MP5用純正マガジンのリアルカウント切り替え機能について紹介します。
このマガジンは装弾数が72発なのですが、30発にする切り替えレバーが隠されているとの事です…。

何でこんな素晴らしい機能が付いてるのにアピールしていないのか…。

という訳で、まずマガジンインナーを抜きます。
インナーは下部のネジ1本で固定されているので、このネジを抜けば上から引っ張り出す事が出来ます。

こちらが次世代電動ガン MP5用マガジンのインナーです。

このインナーの下の方にレバーがあり、これが72連と30連の切り替えレバーになっているという訳です。
写真左の状態が通常時(72連)、右が30連です。

この切り替レバーの仕組みについて気になったので、インナーも分解してみます。
まず、スプリングガイドを固定しているネジを外してスプリングガイドを外し、中からスプリングとフォロワーなどを抜きます。
フォロワーは最後まで撃ちきれるようにする形状。

フォロワー周りを外したら他のネジを外して、インナーを真っ二つにします。

72連状態だとアームがインナー中央に引っ込んでいるのですが、30連モードにするとアームがガイド側に飛び出します。

このアームがフォロワーの突起に干渉して、これ以上フォロワーが下がらなくなります。

このフォロワーの突起は最終弾検知にも使われてます。
オマケ機能として実装したものの、公式から抹消された機能なんでしょうか…。

という訳で、こんな隠し機能があったという紹介でした。

次世代電動ガン MP5A5は撃ちきった後はコッキングハンドルを使った操作をちゃんと行わないと撃てなかったりというギミックに凝った仕様になっているので、リアルカウントで遊ぶのはかなり楽しそうです。