モーターの端子がしょっちゅう抜けるので、端子をリングターミナルに変更しました | エボログ

モーターの端子がしょっちゅう抜けるので、端子をリングターミナルに変更しました

モーターの端子が撃ってると抜けてしまう問題、遭遇している人も多いのではないでしょうか。

自分も以前から何度も遭遇しており、端子をラジオペンチで潰してテンションを上げてみたり、モーターに配線をはんだ付けしてみたり、更にはグリップを交換してみたり(グリップによって端子の抜けやすさが変わる)していたのですが、今回は端子をリングターミナルに交換してみる事にしました。

リングターミナルとは、こんな感じのマルイ輪っかが付いている端子で、圧着端子の1種です。
ネジを締め込む事によって接続します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そういえば、東京マルイ AA-12はU字端子というUの字になっている圧着端子が付属してきましたね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、モーターの端子をリングターミナルに交換します。
まずは長さを揃えて切断、被膜を剥きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リングターミナルを電工ペンチで圧着。
ちなみに、圧着する前に熱収縮チューブを取り付けておかないと悲惨な事になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後は熱収縮チューブを加熱して完成。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じでモーターのエンドベルにネジ固定していきます。
当然ですが、この部分がネジ式になっていないモーターだとリングターミナルを使う事は出来ません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成。
ちなみに、ケーブルの長さは後でモーター位置調整する事も考慮して少し長めに作っておいた方が良いと思います。
それに、長めに作っておかないと組み込むのも大変ですし…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、今回素体にしたのはASCUが組み込まれたE&L M4で、前回のサバゲーで使ってみたのですが、特に端子を交換した事による体感的な変化は感じられませんでした。

ところで前から気になってたんですが、端子の交換って何か意味あるのかなぁ…。
金メッキのモーター端子とか出てますけど、実際組んで体感的に変化を感じた事が無いんですよね…。

まあ、気分的にはそりゃ銀色の端子より金色の端子の方が良いですけど。