クリンコフ用のレイルハンドガード、LCT TX-3をWE AK74UN GBBに付けてみた | エボログ

クリンコフ用のレイルハンドガード、LCT TX-3をWE AK74UN GBBに付けてみた

随分前にLCT TX-2を買ってレビューした事がありますが、今回は短いやつである「TX-3」のレビューになります。
いわゆるクリンコフ用(AKS74U用、AKMSUにも付くのかな?)のレイルハンドガードです。

以前レビューしたTX-2はE&L AK105に取り付けましたが、今回はWE AK74UNに取り付け、レビューします。

内容物はハンドガードと、六角レンチです。
ハンドガードは組み立てられた状態で箱に入っているので、ネジを外して分解する必要があります。

レイルハンドガードはアルミ製ですが、割と肉厚な事もあって少し重め。
上下左右に20mmレイルが付いています。

正面から見るとこんな感じ。
下部のひし形の輪っかのような所でアウターバレルを挟み込み、固定します。
その為、LCTやGHK、CYMA、WE等のAKシリーズへの取り付けは問題ありませんが、マルイ規格の製品やKSC等の製品への取付は大掛かりな加工が必要になるかもしれません。

ハンドガード側面の六角ネジ4本、そしてアウターバレルを固定する為のネジが4本を外すとこのような状態になります。
ここからハンドガードの取り付けをしていきます。

まず、WE AK74UNはこのようなアーセナルタイプのハンドガードが付いています。
こちらを外します。

WE AK74UNのハンドガードの外し方は至って簡単です。
フロントサイト下部のピンを抜き、イモネジを緩めるだけです。
これでフロントサイトとハンドガードが外れます。

まず、LCT TX-3の下側をアウターバレルに取り付けます。
TX-3の厄介な所は、取り付けている最中水平になっているかが非常に分かりづらいという事です。
実質、目視で確認するしか無いんじゃないでしょうか…。

ネジを緩く締めておいて水平になっているかを確認、問題なければしっかり締め込むのが良いと思います。
先述の通りアルミ製品なので何度もネジを締め込んだり緩めたりするとそのうちネジ山をなめてしまう可能性がありますし…。

TX-3の下側の取り付けが出来たら、フロントサイトを取り付けます。

最後に上側を取り付けて完成です。

若干レイルとフロントサイトの間に隙間が出来ていますがそんなに気になる程の物でも無いですね。

マイクロドットサイト(Bushnell First Strike)を乗せてみました。

個人的にはAKのハンドガードに乗せるドットサイトとしてはT1系の方が好きかな?という訳で、とりあえずLaylax EVIL KILLER 07を乗せてみました。

うーん、いい感じ。

サイトピクチャーはこんな感じです。
しっかし、レンズ青いなぁ…。(このドットサイトもそろそろ手放すか。使ってないし)

全体像はこんな感じ。
短くてゴテゴテしたAKになってきました。

やっぱり、AKのハンドガードにドットサイトを乗せるのはいい感じですね。
アイアンサイトを覗き込むような感覚でサイティングが出来ますし、前の方にあるので両目照準時に視野を広く保てます。(手前側にドットサイトを配置するとどうしてもレンズの淵で死角になるエリアが増えます)