FUSION製 パッド付きベルトキット EPIC BATTLE BELTのレビュー | エボログ

FUSION製 パッド付きベルトキット EPIC BATTLE BELTのレビュー

米軍、法執行機関向けに落下防止や安全に関わるアイテムを設計、製造しているギアメーカー、FUSIONが作るパッド付きベルトキットのレビューを、FUSION日本代理店であるFUSION TACTICAL JAPAN様よりご依頼をいただきましたので、レビューしていきます。

ご依頼頂いて書いているレビュー記事ですが、特に気にせずいつも通り思ったことを色々と書いていきます。
(当ブログの方針をご理解の上、承諾頂いております)

今回レビューするのは、 EPIC BATTLE BELTという商品で、ズボンのベルトループに通すインナーベルトと、ベルトパット、MOLLEウェビング付きベルトがセットになったものになります。

今回レビューするに当たって私のウエストサイズに合うようSサイズをお借りしていますが、サイズは3サイズ用意されておりそれぞれ

  • S 71~84cm
  • M 84~96.5cm
  • L 96.5~109cm

となっています。
※現状、オンライショップではSサイズとLサイズの2サイズのみ取扱があります。

また、色は黒とコヨーテブラウンの2色があるようです。

インナー、アウター共にバックルはADF Raptorというバックルが採用されています。
このバックルは高強度かつ軽量である事が特徴で、着脱などの操作方法はAustriAlpin製のコブラバックルとほぼ同じです。

EPIC INTERIOR TROUSERS BELTのレビュー

まずはインナーベルト(EPIC INTERIOR TROUSERS BELT)から紹介していきます。
インナーベルトはベルクロでベルトパットと固定されており、簡単に剥がす事が可能です。

ベルトの外側は全体にメスのベルクロが縫い付けられています。
非常に細身のベルトで、ベルトの太さは38.92mmでした。
いわゆる1.5インチサイズのベルトですね。

バックルは小型なADF Raptorです。
以前ご紹介したリガーベルト、『FUSION RIGGER’S BELT UNDEFEATED TYPE A』に付属するADF Raptorよりもワンサイズ小さいです。

サイズは小さくとも強度は十分。
スペックは大きなADF Raptorと同様の耐荷重になっています。

調整用の紐の内側にはベルクロが縫い付けられており、余った紐が暴れないように固定しておく事が可能です。

ズボンのベルトループに通すとこんな感じ。
1.5インチサイズと細身のベルトなので、BDUだけではなく一般的なズボンのベルトループにも通す事が出来ます。

ベルト自体が程よい硬さがあり、装着感がとても良いです。
このベルト単品でも十分使えますね。

続いて、アウター側となるベルトパットとベルトパッド用のベルトを見ていきます。

EPIC 16-SLOT MOLLE BELT WITH RAPTOR QUICK-RELEASE ALUMINIUM BUCKLEのレビュー

まずはアウターのベルト(EPIC 16-SLOT MOLLE BELT WITH RAPTOR QUICK-RELEASE ALUMINIUM BUCKLE)から。

こちらのバックルもADF Raptorで、こちらは『RIGGER’S BELT UNDEFEATED TYPE A』に付属するADF Raptorと同じものですね。

アウター側のベルトにはラペリング・ループ用のVリングが付いています。
Vリングは暴れないようにベルクロのテープでベルトに固定する事が出来るようになっています。

Vリング固定用のベルクロテープを剥がすとこんな感じ。

こちらのベルトには2列のMOLLEウェビングが付いています。
その為、ベルト用のポーチやホルスター等の装備品はもちろん、MOLLE対応のポーチ等を取り付ける事が可能になっています。

本来はインナーベルトとこちらのアウターベルトの間にベルトパッドを挟んで使うのですが、こちらのアウターベルトの内側にはオスのベルクロが縫い付けられている為、インナーベルトに直接取り付ける事も可能です。
インナーベルトに取り付けるとこんな感じになります。
ベルクロを使って、インナーベルトに被せるように取り付けます。

右の写真の通り、ADF Raptorバックルが二重になるのでかなり手前が嵩張ります。

普通に歩いたりしゃがんだりする時には特に気にはならないのですが、前屈するような姿勢、例えば屈んで靴紐を結ぶ時等に腹部を圧迫します。

尚、アウターベルトの長さ調整幅は少し短く、ちょっとサイズ違うけど無理やり着けるということが難しくなっています。
ちゃんと事前に自分のウエストサイズを測って、自分に合ったサイズのベルトを買うのが良いでしょう。

EPIC MODULAR EVA WAIST PADのレビュー

最後に、ベルトパッドの紹介に移ります。
ベルトパッドは内側にオスのベルクロが、外側にメスのベルクロが縫い付けられているだけで、特にこれと言った特徴がありません。

単にアウターとインナーの緩衝材といった所でしょうか…。
アウターベルトをベルトパッドに取り付けるには、ベルトパッド側のベルクロにアウターベルトを貼りつつ、更に3箇所に付いている紐でロックします。

インナーベルトとベルトパッドもベルクロでくっついていますし、上記の通りベルトパッドとアウターベルトもベルクロでくっついているので、簡単に剥がれる事はありませんし、ズレる心配もありません。
装着するとこんな感じになります。

正直、着てみるまでベルトパッドの存在価値が分からなかったのですが、着ると納得しました。
ベルトパッドがあった方が断然動きやすいです。

まず、パッドによって腰回りの動きが制限されるかと思いきやそんな事はありませんでした。

インナーベルト側が少し分厚いおかげで適度な隙間が作られており、ベルトパッド側の上下も柔らかい素材で出来ているので、ベルトパッドを付けた状態で動き回っても、動きに制限がかかるような窮屈な感じは一切しませんでした。

また、ベルトパッド無しの状態で前かがみをした時に腹部の圧迫感があったのですが、ベルトパッドを着ける事によよってだいぶ改善されました。

流石にベルト無しの時に比べると圧迫感はありますが…。

ベルトパット1つでこうも変わるか…と関心。
こういうベルトは、重い物を装備する時に特に便利だと思います。

例えば、ガスライフルのマガジンだとマガジン1本で1キロ近い重量になる製品もあります。
そういったマガジンを2本、3本ぶら下げたりする時にこのベルトパッドは腰回りの負荷を軽減してくれると思います。

また、サバイバルゲームではまず無いシチュエーションですが、ラペリングをしている時、腰回りの負荷を軽減してくれるのではないか?と思います。
FUSIONは実際にクライミングや高所作業時の安全帯等の分野で実績のあるメーカーですし、米軍や海兵隊等での採用実績もあるメーカーの製品なので、そういった用途にも耐えれる製品です。
※絶対的な強度・安全性を保証するものではございません。

ちなみに、こちらのベルトも個別のロットNOや製造年が書かれており、個別で製品管理がされている事が伺えます。

尚、こちらの商品はMilitaryShop TORAYAMA様の通販サイトからご購入頂くことができます。
https://trym.shop-pro.jp/?pid=134658626

また、ECHIGOYA秋葉原店にて2018年2月から店頭に並ぶ予定の為、実物を確認したい場合はECHIGOYA秋葉原店まで足を運んでみては如何でしょうか。

その他のFUSION製品レビュー記事はこちら