2次ロット?Amazonに再入荷したZERO Basicの0.25g 1kgを買ってみました。 | エボログ

2次ロット?Amazonに再入荷したZERO Basicの0.25g 1kgを買ってみました。

昨年末にZERO Basicというかなりコストパフォーマンスの高いバイオBB弾を購入し、レビューを行ったのですが今年の頭辺りから0.25gの在庫が無くなり、少し前に再入荷したようだったのでまた買ってみました。

二次ロットなのかどうかは分かりませんが…。

尚、以前購入した個体のレビュー記事はこちらから。

という訳で、今回購入したZero Basicなのですが、BB弾と説明書、乾燥剤に加えてシールが付属してきました。

0.20gと0.25gとそれぞれ用意されており、恐らくBBボトルや別の袋に中身を移した時に貼る為の物ではないかと思います。

尚、パッケージは以前購入した物と同様、袋に空気を抜く穴が空いていたり、ハサミを用いないと開封出来なかったりと仕様に変化はありませんでした。

以前の記事でも述べていますが、BB弾の袋に穴が空いているので、長期保存する場合はしっかり密閉された容器に移すのが良いと思います。
その時に、ボトル・袋の中身が何の弾なのかを分かるようにする為に、付属のシールを使うと良いでしょう。

BB弾の外観に関しても特に違いは無いので今回は割愛します。

重量測定

お楽しみ、重量測定です。
いつも通り適当に10発摘んで測りにかけていきます。

  1. 0.251g
  2. 0.253g
  3. 0.253g
  4. 0.254g
  5. 0.253g
  6. 0.254g
  7. 0.254g
  8. 0.255g
  9. 0.255g
  10. 0.255g

平均:0.2537g
最大:0.255g
最低:0.251g
誤差:0.004g

相変わらずとても良い重量バランスだと思います。
誤差も少なく、0.25g近くでまとまっています。

ただ、以前レビューした個体と同様、0.250gを超える重量を計測しており、全体的に若干重い弾である事が分かります。

直径測定

続いて、弾の大きさも調べていきます。

KSC製のBBゲージと、蔵前工房舎製のBB弾ゲージを使って計測をしていくのですが、全弾計測するのは流石に面倒なので適度な量でやめてます。

全部で248gの弾を検証した所、5.95mmよりも小さい弾は1発もありませんでした。
5.98mmのゲージを通過した弾が191gで、5.98mmのゲージを通過しない弾が57g。それらも全て6.00mmのゲージは通過しました。

尚、6.00mmのゲージに関しては追加で数百発流し込んでチェックしてみたのですが、引っかかった弾は1発もありませんでした。
つまり、殆どの弾が5.95mm〜5.98mmの間で安定しているという事になります。

以前レビューした時よりも少し直径の大きな弾が多い結果になりましたが、サバゲー等で使う分には何の問題もない位には安定していると思います。
以前のロットはもちろん、今回のロットもサバイバルゲームで使ってみましたが、マルイやḠ&G等、メジャーどころの無難なバイオBB弾と同じ感覚で使える精度を持っている弾でした。

屋外で的当てしていて気がついた事

これは実際にシューティングレンジで金属製のターゲットを撃っている時に気がついた事なのですが、とにかくBB弾がよく砕けます。
10m、20mはもちろん、40m先の的に当てても見事に砕けました。(スコープ越しに砕けたBB弾が見えるのが、めっちゃ気持ちよかった)
40mも飛ばすと結構弾の速度も落ちているハズなんですがねぇ…。

マルイの0.25g バイオBB弾の場合はそんな頻繁に砕ける事は無いのですが、ZERO Basic 0.25gだと逆に砕けなかった弾の方が少ないのではないか?と思える位にバリバリ砕けまくってました。

弾が砕けるという事は分解が速いという事にも繋がるので、バイオBB弾としては悪いことでは無いのですが、少し注意も必要です。

それは、メッシュタイプのゴーグルを使っている場合は砕けたメッシュの隙間を通って目に入ってしまう可能性が高まるという点です。
注意すると言っても、自分が怪我する訳じゃないので注意のしようが無いんですけどね…。

メッシュタイプのゴーグルは曇りの心配が無いので、便利ではあるものの、隙間から砕けたBB弾が侵入してしまうというリスクがあるのです。
これは樹脂弾やセミバイオ弾よりも砕けやすい、バイオBB弾が主流になってきた初期の頃から言われている話しで、フィールドによってはメッシュタイプNGな所もある位ですからね…。

と、ちょっと脱線しましたが、『ZERO Basic 0.25gは砕けやすい』という報告でした。
砕けやすいと言っても、ノズルの叩き込みとかで砕けるほどヤワな物ではありません。