PVS14の被弾対策としてバトラーキャップとポリカーボネートを取り付けました。 | エボログ

PVS14の被弾対策としてバトラーキャップとポリカーボネートを取り付けました。

2019年4月27日

夜戦に参加するという事もあり、PVS14の被弾対策を行いました。
まず、買ってきたのはBUTLER CREEKのバトラーキャップです。

サイズは1.4757インチ(37.0mm)で、ワンタッチでキャップを開く事が出来る「フリップオープン」を買ってきました。

測った所、PVS14の対物レンズ部の外径が36.9mmだったので、これのサイズを選択。

このバトラーキャップをPVS14の対物レンズに取り付けます。

とりあえず、取り付けるとこんな感じになります。
サイズはピッタリ。

ここにポリカーボネートを取り付けます。
予備で持っていたドラゴンフォース製のレンズカバーを使いました。
厚さ2mm、直径34mmの物になります。


両面の保護フィルムが付いているので、まずはこれを剥がします。

そして、バトラーキャップの内側に入れます。
37mmのバトラーキャップに34mmのポリカーボネートを入れているのでちょっっとスカスカですが、外れるような事は無い感じでした。

レンズカバーを取り付けた状態でバトラーキャップを取り付けるとこんな感じ。

一応LIFも付けているので、ひとまずこれで安心してゲームに挑めそうです。
もっとも、LIFで防いでくれるのはグリーンレーザーだけみたいですけど…。

バトラーキャップの厚み分が増えたので、少しペリカンのウレタンを千切りました。