ガバメント/Hi-Capaシリーズ用 ダンパー付きリコイルスプリングガイド、COWCOW RM1 Guide Rod Silverを購入 | エボログ

ガバメント/Hi-Capaシリーズ用 ダンパー付きリコイルスプリングガイド、COWCOW RM1 Guide Rod Silverを購入

2019年9月24日

東京マルイ製のガバメントやHi-Capaで使用する事が出来るダンパー付きリコイルスプリングガイドを買ってみました。

メーカーはCOWCOW TECHNOLOGY。
色はシルバーです。

内容物はこんな感じでリコイルスプリングガイドとダンパー用のスプリングが付属します。

リコイルスプリングガイドはこのようなパーツに分かれています。
写真左上が一番根本でチャンバーと接触する部分、写真右上がダンパーを抑えるパーツ、写真左下が4.3インチスライド用のロッド、写真右下が5.1インチスライド用のロッドです。

こういったスプリングガイドの形状なので、Hi-Capaは4.3インチと5.1インチ両方で使用可能ですが、ガバメント系はスライド後退時にリコイルスプリングガイドが飛び出すタイプの製品で使う事が可能です。
また、デトニクスのような非常に小型な製品では使う事が出来ません。

ダンパー用のスプリングは硬さ違いで3種類付属。
写真左の黒いやつが最も柔らかく、右の方が硬いです。

尚、純正のスプリングとは別に、同社製のゴムダンパー「M6バッファーモジュール」という物を取り付ける事も可能なようです。

今回は付属のスプリングを仕込んでみる事にします。
とりあえず一番やわらかいのから試してみました。

取り付けの際にはGAW Gルーブを塗布しています。

組み立ては簡単に行えます。
シャフトに開いている穴に棒を突っ込んで回すとガッチリ固定出来ますが、ガスブローバックガンって結構な衝撃があるので、ネジロック剤を使った方が良い気がします。

今回はハイキャパ4.3に組み込むつもりでこちらのパーツを買ったので、4.3インチスライド用のシャフト(短い奴)を取り付けています。

リコイルスプリングは純正の物を使います。
私の持っているリコイルスプリングは純正スプリングをカットした物なので、少し短いです。

東京マルイ ハイキャパ4.3に組み込んでみました。

スライドを後退させるとこんな感じでスライドからシャフトが飛び出します。
先述の通り、ガバメント系ではこういう風にならない製品では使う事が出来無いので注意が必要です。

他の硬さのスプリングも試した結果、普通にフロンガスで使う分には一番やわらかい奴(黒いバネ)か、2番目の硬さの奴がちょうど良い感じがしました。
冬場を考慮するなら一番やわらかい奴が良いでしょうね。

私はハイキャパにVolante Airsoft STRATOS ブローバックユニットを組んでおり、リコイルが少し強く冬場でも結構しっかり動いてくれるので2番目に硬い奴にしておきました。
一番硬い奴は恐らくCO2マガジンとかでちょうど良い硬さなのかもしれません。

尚、このCOWCOW RM1 Guide Rodを組み込むとスライドの硬さが2段階みたいな感じになり、まず普通のリコイルスプリングが圧縮しきったら写真左のような位置になります。
これ以上スライドを後退させようとするとダンパーが働き、写真右のような位置になります。(これが限界までスライドを後退された状態です)

つまり、スライドの勢いが無いとスライドストップが掛からなくなってしまうんですよね…。

ただ、逆に言うと結構しっかりダンパーが効いているのでスライドの破損を防いだり、強すぎるリコイルを若干マイルドにしたり、スライドの前進速度を上げたりといった色々な効果があるはずです。

特にVolante Airsoft STRATOS ブローバックユニットを組み込んだり、CO2マガジンを使っている時ようなスライドの後退速度が非常に速い状態との相性が良さそうです。