DCI Guns製 Doctor ドットサイトマウント ハイキャパ4.3/FW/DW専用をレビューしていきます | エボログ

DCI Guns製 Doctor ドットサイトマウント ハイキャパ4.3/FW/DW専用をレビューしていきます

ビクトリーショーで先行発売された東京マルイ ハイキャパ4.3、フォリッジウォーリア、デザートウォーリア4.3専用のDoctorサイト用マウントを買ってきたのでレビューします。

私が長らく登場を待ち望んでいた、スライドに直付け出来るDoctorサイトマウントです…。
Glock用は前からあったんですが、ハイキャパ4.3用ってこういうアクセサリー全然出てないですからね。
とても有難い。

というわけで、「DCI Guns Doctorサイト ダットサイトマウント ハイキャパ4.3/FW/DW専用」をハイキャパ4.3に取り付けていきます。

内容物はマウント本体の他に3種類のネジが2本ずつ。
色々な種類やメーカーのDoctorサイトに対応する為に用意されているのでしょうか…。

尚、対応するDoctorサイトはスイッチが付いていない、自動調光タイプのみです。
スイッチタイプはマウント側にスイッチが付いているので、仕方がないですね。
もちろん、外観がRMR、刻印がDoctorという謎ドットサイトは付かないでしょう。

マウント本体はこんな感じで、他のDCI Guns製品と同様に3Dプリンターで作られています。
材質はポリアミドという耐熱性に優れた材質を使い、SLS(粉末レーザー焼結)方式によって出力されている為、高い耐久性と造形精度を実現しています。

また、Doctorサイトをネジ止めする部分には真鍮製のインサートが入っており、ネジ穴が舐めてしまうトラブルを低減させています。

まずはハイキャパ4.3本体のリアサイトを取り外します。
私はAIP製の集光アクリルサイトを付けていたので、ブリーチを外さなくても取り外せましたが、多分純正はブリーチを外さないと外せないと思います。

続いて、スライドを左右に広げながらブリーチを押し下げ、このように台形の溝が見える状態にします。
完全に外してしまっても良いのですが、外すのが面倒なのでこの状態で付けていきます。

続いて、マウントをこのように少しズラして取り付けます。
これが正解なのか分かりませんが、マウント側に固定用の突起が丁度半分しか無いところを見ると、多分正解だと思います。

後はグイグイ横にスライドさせるだけです。
多少力は加えましたが無加工で取り付ける事ができました。
キツイ場合はヤスリやカッターナイフを使って少し削ると良いかもしれません。

取り付けたらブリーチを戻して、ネジ止めします。
この時使うネジは多分純正のネジで大丈夫だと思います。(私はAIPのネジを使いました)

これでマウントの取り付けは完了。
続いてDoctorサイトを取り付けます…と、本来ならなるのですが、私はこれをDoctorサイト用マウントとしてではなく、TASCO Optima 2000用マウントとして使う想定でいました。

あまりに昔のドットサイト過ぎて資料が少ないのですが、マイクロドットの元祖ではないでしょうか。
3.5MOAドット、実銃のスライドに直付けしても大丈夫な高耐久性、クリアなレンズ、自動調光、軽量なボディー(電池込み14g)と機能としては十分です。

正確にいつ発売されたのか分かりませんが、1999年には既にOptima 2000ユーザーの書き込みがあるので、それくらいの年代だと思います。(製品名にも2000って入ってますし)

と、そんなクソ古いドットサイトを取り付けていきます。

Optima 2000はDoctorと同じネジ位置なのは有名(Optimaの後継としてDoctorが普及してるような感じですし)なのですが、サイズや窪みの位置が違うので、DCI Guns製 Doctorサイトマウントで使えるようにするには前側の突起を削る必要がありました。
カッターナイフを使えばサクサク切れます。

この時初めて知ったんですが、樹脂の色自体は白色なんですね。
ってことは表面の黒色は塗装?

必要なネジの種類も異なるので、マウントに付属しているネジは使えません。
ネジは適当な物を使い、念のためタミヤのネジロック剤を塗布しておきました。

というわけで、これで取り付け完了です。

真横から見ると結構ズレてるので、無理くり付いてる感が出てますがまあ良いでしょう。

斜め前から。

ドットサイトはこのような感じで見えます。

カバーを付けるとこんな感じ。

というわけで、これで長らく放置されていたOptima 2000が日の目を見る事に…。

普通に動作させてみましたが、特に問題はありませんでした。
ガスブロ程度のリコイルではびくともしませんね。
また、ドットサイトに指を引っ掛けてスライドを引いたり色々してみましたが、これも問題なしでした。

よくドットサイトをスライドに付けるとブローバックが鈍くなるとか言われますが、今回はドットサイト本体が14gと非常に軽量なので、動作への影響も感じられませんでした。

当記事を書いている段階ではまだ公式通販でもまだ販売していないのですが、RMRよりDoctor派の人にはお勧めの一品です。
他のシリーズと同様、色々な銃に対応するようにバリエーションも作っているようですし。