2月25日(土)久しぶりにヤネックスの定例会に行ってきた | エボログ

2月25日(土)久しぶりにヤネックスの定例会に行ってきた

かれこれ5ヶ月ぶりになりますが、ヤネックスの定例会に参加してきました。
サバゲー自体3週間ぶりなので、今回は持っていく銃が多めになりました。(その間、色々弄ったりしてたので…)

DSG化したリコポン、先日購入してDSGを入れたXCR-L Mini、流速ポン、DSG EVO3です。
意図した訳ではないんですが、こう見るとDSGだらけだな…。

あと、写真には映っていませんが、サイドアームとしてCO2仕様の東京マルイ Glock22を持っていきました。

という訳で、それぞれの銃の出来栄えは…

DSGを組み込んだリコポン(SYSTEMA PTW リコイルモデル)

DSGポン付け、HOPはSYSTEMA純正という割と適当な感じで組んだリコポンでしたが、割と飛びは素直できっちりまとまった弾道になっていました。
HOP量はDSGじゃなかった時よりかなり弱めにかけないと鬼HOPになっていました。

初速は0.25gで82m/s前後で安定。
もうこのままで良いんじゃないか?と思える位に普通にいい感じでした。

DSGを組み込んだVFC XCR-L Mini

先日、購入して即座に分解、DSGを組み込んだVFC XCR-L Miniですが、壊れました。
厳密には壊されました。

自分が撃っていた時は快調(5マガジン位撃ったので、多分500発位でしょうか)だったのですが、クラッシャーの異名を持つ友人に貸したら1マグ撃ち切る前に壊れました。
多分彼には呪いかなにかがついているんだと思います。

故障箇所は恐らくギアかシャフトが折れシャフトギアが噛み込んでしまい、モーターが回らなくなったのだと思われます。
DSGを組んだ時に時に紹介した通り、軸受の内径が広いんじゃないか?これで大丈夫か?という懸念が現実になってしまったのか、それとも単純にギアの強度が足りなかったのか…。

まあ、とりあえず後日分解して中を見てみる事にします。

尚、HOP自体やバレル等はノーマルのままだったのですが、飛び具合は特に悪くはなく、このままでも十分サバゲーで使えるレベルだと思いました。
初速も0.25gで78m/s前後で安定。
個人的にはもうちょっと弾の伸びと左右の散りをなんとかしたかったので、ここら辺も追々調整していけたらなと思います。

流速ポン(M110スプリングを入れたトレポン)

これは内部を弄ったりした訳ではなく、単に光学サイトを交換したから持っていっただけです。
まあ、あと予備銃として…。(これはド安定で、基本的にいつも調子が良い)

で、肝心のVORTEX SPARC ARですが、やっぱり良いですね。
レンズの径が小さいのが玉に瑕な感じです。レンズの明るさ、ドットの綺麗さ、大きさ、重量、高さの全てが私の好みに合ったドットサイトでした。

DSG EVO3

これは通常電動ガン用のDSG用押しゴムのテストを行う為に持っていきました。

結果はと言うと、思いの外いい感じで、この押しゴムをXCR-Lにも組み込もうと思いました。(手作業なので、全く同じ物が作れるか怪しいですが)
弾の伸びも集弾性もかなり高く、かなりいい感じでした。

後、今回EVO3にBushnell First Strikeを乗っけてみたのですが、案外使い勝手が良かったです。
ローマウントで使えばアイアンサイトと似たような高さになるので、構えた時のしっくり感が良かったです。

CO2仕様にした東京マルイGlock22

ちょっと弄って初速を0.20gで70m/s台まで落としたCO2仕様のGlock22ですが、これも割といい感じの出来栄えでした。
交戦距離としては30m未満を想定しているのでそんなに良く飛ぶ訳ではありませんが低初速で安定した弾道になっていました。
やっぱりメイプルリーフのGBB用チャンバーパッキンは優秀だと思います。

ただ、リコイルの衝撃でリアサイトの集光アクリルが片方折れてどっかにいきました。

Umarex H&K ブラックバイオBB弾

例のHKバイオBB弾。

ついでにコイツもテストしてみました。

弾自体のレビューはこちらを参照下さい

結果ですが、ワックスか弾の直径がGallopやマルイのバイオBB弾と異なるのか、HOPの掛かり具合に少し違いを感じました。(若干ですが、そのままのHOP量だとドロップ気味でした)
弾上がりは全く問題無く、むしろGallopやマルイのバイオBB弾より良いんじゃないか?と思えるレベルでした。

ただ、黒色のBB弾という所でとても厄介な問題に直面しました。
まあ、分かりきっていた事なんですが、とにかく弾道が見えない。

サバゲー中、「え?弾出てるのかな?大丈夫かな?」と、何度か足元に撃って確認する羽目に…。

流速ポンやEVO3は確実にボルトストップが掛かってくれますし、今まで弾上がりが悪くて詰まったりする事を経験していないので安心出来るのですが、リコポンは未だに弾上がりが悪い個体があったり、ボルトストップも掛かったり掛からなかったりが発生しているので色々不安になってしまいます…。

やっぱり、弾道は見えていた方が精神衛生上良いですね。
黒弾は私には向いてないのかもしれません。


という訳で、相変わらずサバゲーのレポートをしていない記事になりましたが、2月25日のヤネックスのサバゲーレポートはこんな感じになります。

オマケ

ヤネックスの昼飯と言えば、やはりボンカレーでしょう。
もう、これ以外の選択肢は無い位です。
今回は味噌汁も買ってみました。